So-net無料ブログ作成
検索選択

安土っ子フェスティバル・学習会 [コミセン問題]

いよいよ明後日、安土っ子フェスティバル・学習会を開催します。
奮ってご参加ください。

日時  3月19日(土曜日) 13時30分~16時

場所  安土小学校体育館 交流ホール

演題 「安土小学校体育館の来し方(これまで)と行く末(これから)」
    を語り合おう

講師  鈴木 有先生 と 地域の皆さん

詳しくは、内容校正案をご覧ください。
以下です。安土っ子フェスティバル・学習会

「安土小学校体育館のこれまで来し方とこれから行く末」を語り合おう
プログラムと内容構成(案)

1.開会          5分
  ・開会の辞(開催の主旨)
  ・学校長挨拶                     [安土小学校校長・橋本正明]

2.第一部:報告

 □計画の始まり: 体育館改築の構想はどのように始まったか     [静 修]5分
  ・どのような事情から始まったか    (安土小学校校長↑)
  ・どんな構想を描いていたか 【注記:氏名の後の( )内は当時の役職】
  ・何を実現したいと考えていたか

 □建設の経過:  体育館をどのようにして造ったか     [ 門 幸宏 ]25分
  ・安土小体育館の歴史を振り返ると (教育委員会担当職員)
  ・敷地をどう選んだか(遺跡調査を含めて)           (DVDは合わせて)
  ・建設はどのようにして進んだか

 □学校の協働:  子どもたちはどのように関わったか        [ DVD ]
  ・教員はどう関わったか
  ・児童はどう関わったか(全校生・各学年・クラブ・卒業生)

 □PTAの協働: PTAはどのように関わったか   [平岡一美(PTA会長)]5分
  ・どんな体制で参画したか
  ・何を望み、何が実現したか

 □取組の総括:  体育館はどのようにして創られたか [鈴木 有(整備相談役)]25分
  ・このような取り組みはどうして可能になったか
  ・この取り組みの特徴はどこにあるか
  ・建設の基本コンセプトはどうであったか
  ・実現した施設の特記すべき特徴は何か
  ・この取り組みをどう評価するか

 □竣工後の経緯: 子どもたちとどのように使ってきたか      [当時の教諭]5分
  ・手づくりの竣工式はどのように行われたか
  ・体育・クラブ・その他でどのように使っているか

 □竣工後の経緯: 地域はどのように活用してきたか   [辻 貴史(同窓会会長)]5分
  ・スポーツや文化サークルなどでどう使っているか
  ・地域の交流「安土っ子フェスティバル」はなぜ始まり、どう続いているか
  ・他にはどんなイベントでどう使われて来たか
  休 憩  10分

3.第二部:語り合い   [辻 貴史・竹内昭雄・当時の教諭・平岡一美+鈴木 有(司会)]

 □建設の過程で印象に残ったこと、苦労したこと 30分(以下の3項目で)
  ・行政・学校・PTA・同窓会・学区・応援者それぞれの立場から

 □竣工までに出来たこと、出来なかったこと
  ○木造で自然素材を活用して
  ○信長のまちのしるしとしてセミナリヨのイメージを(チャペルとステンドグラスで)
  ○緞帳に代わり前後の幕を、ステンドグラスとタペストリーを(児童作品の絵入りで)
  ○地域に開かれた施設として使えるように「交流ホール」「多目的室」「幅広い回廊」を
  △舞台奥に開口を、そこからプールの借景化を、周回ランニング可能な回廊を
  △太陽光発電の屋根搭載を(市民共同発電所と特別給食体制のリンクを)
  ×中庭と外構の整備を(運動場の芝生化、庭池のビオトープ化、植栽の配置など)     ×雨水の利用を(防災拠点としての整備、ビオトープ化との連繋)
  ×防災拠点+環境学習の場+地域(世代間)交流の場、になるように
  ×本取り組みの広報活動を、記録集の刊行を

 □竣工の後に実現したこと
・地域の世代間交流「安土っ子フェスティバル」
  ・運動場の芝生化と維持管理          [芝生管理ボランティア・初古正一]
  ・庭池のビオトープ化と維持管理          [ぼてじゃこ会代表・三村善雄]

 □質疑応答と意見交換  20分
  ・参会者とパネリスト相互の間で

 □これから(将来)に期待すること  10分
  ・パネリスト全員と参会者有志からコメントを

4.閉会                                   5分
 ・閉会の辞(まとめ)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

camus55

司会は、安土小学校・同窓会副会長 水原与嗣夫君にお願いしました。
お気軽にご参加ください。
皆さまのご来場をお待ちしております。
by camus55 (2016-03-17 18:26) 

大島正子

昨日の勉強会はお疲れ様でした。「完成」されるまでの皆さんのご尽力に大変感嘆しました。そしてそれが終点ではなく、ものづくりと同じように、「次世代に育み、将来に継承するものである」と改めて感じました。短い時間しか参加できませんでしたが、ありがとうございました。
by 大島正子 (2016-03-20 11:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました