So-net無料ブログ作成

愛校心とか、地域に愛される学校について。

母校の甲子園出場が決まったことに触発され、あれから良く、高校時代を思い出す。

『どうして、嬉しい?』であるが、
一般的に持ち出されるのが愛校心であるが、『それって、なんだろう?』と、つい訝(いぶか)しんだりする。

敢えて言うならば私の場合、それは、3年間過ごした日々であり友人であり恩師だろうか。
そして、懐かしい思い出の殆どは、ちよっとした悪さをしたり、やんちゃをしたりの、不真面目な事象に尽きる。

一方、母校が地域に愛されていたと感じたのは、愛校心とやらの七面倒くさい理屈も不要で、今思い出しても清々しい。
少し、紹介したい。

 

続きを読む


高島商工会 経営道場の資料。 [へちま]

今夜は、高島商工会で講演する。

主題は、私が只今進めているラファスの「農商工連携」に付いてであるが、話す内容を広げてたい。

と云うのは、これまで私は、36年間に渡り、中小企業の社長をしているが、悩みや苦労が絶えない。
特に、平成になってからは、中小企業の道は、イバラであった。

私の場合、苦労していたとしても、それを一切、顔に出さずに涼しい顔をしている性質だから、私が、「苦労した」、なんて言っても、友人の殆どに信じて貰えないが、それはしょうがない。

安土経済塾では、同じ悩みを共有し、めげずに前身する経営者の育成を目指して、3年間、41回の講座を持ったが、今日は、その出前と言う事で、簡単な資料を作った。 以下である。

続きを読む


中国へ

中国少数民族.jpeg7月6日から11日までの6日間、中国へ行った。

この写真は、自分へのお土産で、上海から少し離れた朱家角のギャラリーで購入した。
価格は、100元。日本円だと1,700円程度と、かなり高い。

チベットの少女と思われ、この写真家は、中国の少数民族を撮っていることで有名らしい。
今の中国では、所得格差が深刻な社会問題になっている。

日本との経済格差は、6年前には20分の一と言われていたものが、今では10分の一程度と、差が埋まってきた。上海に於いては、マンションの価格なぞは、大阪並みに高額で、億ションも、大層に売れているらしい。

続きを読む